2007年 移住共生映画祭 写真:写真(1) 写真(2) 写真(3)   <= Here Click!!  

2007年 移住共生映画祭 関連記事: 「熊本日日新聞」(7月5日) 「熊本日日新聞」(7月8日)  <= Here Click!!  

 輸入お嫁さん  Imported Wife  

監督 Chung-Lung Tsai (2004), DV / 56 / 中国語(英語・日本語字幕) 

脳性麻痺の台湾人ファン・ナイフィは結婚をしたくて、自分より歳が半分しかない二十歳のカンボジア女性ネービーと結婚した。 障害・年齢・文化・移住・女性そして社会の階層を超えようとする夫婦喧嘩が今、始まろうとする。

Huang Nai-hui doesn’t let his cerebral palsy stop him form starting a family oh hisOwn and marries Navy,a 20 year –old Cambodian woman half his age.  This starts a fierce trans-national family war that spans the divides of sex, age, culture, and clas

 

 

 動物農場  Animal Farm 

 

監督 クォン・オソン (2005) クレーアニメ / 3 / 日本語字幕

羊たちが住んでいる農場にヤギが一匹住んでいる。羊たちは、自分たちと違う姿のヤギには見向きもしない。ある日ヤギは羊たちの毛をこっそり編みこみ始めた。血が滲むほどの努力の結果、羊の毛の服を完成させたが・・・On a sheep farm lives a goat who thinks that he's different from the sheep and doesn’t get along with them. One day, the goat starts knitting a sweater using the wool form the sheep. After a lot of effort , he works to finish th sweater…

 自転車旅行  Bicycle Vacation 

監督 イ・ソンガン (2005) シェルアニメ / 10 / 日本語字幕

雨が降る道、どこかへ走る準備をする自転車。しかし自転車の上には誰もいない。自転車は家の中を見回した後、またどこかの工場に向かう。ゆっくり車輪を動かしたり、自転車の思い出が膨らんでいく。同僚達と一緒に働いた場所の困難を一緒に分かち合った友達・・・。

On a rainy street, a bike is ready to go somewhere. But no one is riding. Alone, it goes around a house, then heads to a factory. As it moves slowly, it traces back memories it shared with its master: the place where he worked and good friends he shared hard times with.

 

 ウディンのストレス  Udin's Stress 

監督 Roches TKI (2004) DV / 4.5  / 日本語字幕

ウディンのストレスは、仕事を終えた後暗い屋上で面白い踊りと共にストレスを発散する。ミュージックビデオ形式で制作され、韓国東大門市場の付近の風景等、彼らが住んでいるソウルのイメージが含まれている。すべての人たちのストレスも解消させるインドネシア人・ウディンからの愉快なプレゼント。

Udin dances his street away on the rooftop after work. Like a music video, it shows images of parts of Seoul they like the most, including Dongdaemun. We can all relives stress together with these lndonesian friends.

 ミックスランゲージ  Mix-anguage 

監督 Mixrice (2004) DV / 3 / 韓国語(日本語字幕)

「この野郎、速く速く、不良品作らないでください。」観客達は変わった歌を聞かされる。この歌の歌詞は移住労働者達が韓国で一番多く聞いた言葉だ。監督は実際に言語収集に精魂をこめ、歌は移住労働者バンド「Stop crackdown(ストップ弾圧)」が歌っている。

In this movie, audiences will hear a strange song. “Son of a bitch! Hurry up! Don’t make defectives.” These are the words that migrant workers in Korea hear most ofen at their workplaces. The director worked to collect phrases used at real worksites. The song is sung by “Stop Crackdown,” a migrant worker band.

 

 

 無境界線への夢 The dream of no border 

 

監督 申 明直 (2003DV / 25分 / 日本語

 

旧植民地時代に日本に移住して来た在日朝鮮人。移住した後の定住過程で経験した在日朝鮮人の色々な苦労は朝鮮学校の設立につながっていった。しかし還暦を迎えた朝鮮学校は現在、様々な問題に逢着している。朝鮮学校を取り囲んだ内外の幾多の境界線について、そしてその境界線を超えるための希望に関する物語。

The Japanese Koreans who immigrated to Japan in the former colonial times, experienced a range of hardships and succeeded in establishing a home in Japan, lead to the establishment of a Korean school. However, the Korean school, which marks its sixtieth birthday, finds itself facing a number of problems. This narrative presents the various internal and external border-lines which surround Korean schools and tries to show a path over them.

 

 ボーダレス    Borderless  

 

監督 Min-Sook Lee (2006) mini DV / 25 / 英語(日本語字幕)

 

カナダの未登録労働者たちに関する映画。コスタリカから来たゼラルド、そして移住者2世代で家政婦として働くアンジェラ等、カナダで起きる労働問題に対する抵抗を美しいドキュメンタリーポエム形式で描かれている。

A docu-poem about undocumented workers in Canada by MinSook Lee. Geraldo, a Costa Rican costruction worker and Angela, a Caibbean domestic worker, tell of their struggles against labour exploitation in Canada.

 

 カリベガス  Garivegas 

 

監督 キム・ソンミン (2005) 16mm /19/韓国語(英語・日本語字幕)

 

産業の中心地だった「九路(クロ)公団」と労働者文化空間だった「カリボン市場」は今、移住労働者の空間になった。カリボンに住んでいたソナは会社が移転したので、その場を離れることになった。彼女は若き日の思い出の町を振り返る。「カリベガス」は、韓国カリボン版のアメリカンドリーム(ラスベガス)の意味。

Guro, was once the mecca of Korean industrialization and Garibong Market, a traditional gathering place for workers. Now, in the 21st century, Guro and Garibong are filled with migrant workers. Forced to leave Garibong, when her office relocates, Sunwha reflects on past day in Garibong, as it has become to a new generation of migrant w