小川 弘和

−熊本学園大学経済学部−


このページは、主にOS X環境を中心に、ASCII pTeXによる和文縦組論文執筆のためのツールを提供することを目的とするものである。

★OS X 専用パッケージ

●Drag & Drop UpTeX for El Capitan/Yosemite

日本語TeX環境を任意のフォルダにDrag & Dropすればインストールが済むバンドル・パッケージにしてみたもの。これによりUSBメモリから直接使用することもできる。また簡易フロントエンド/統合環境としての性格も備えている。この度、El Capitanでの日本語システムフォントの仕様変更を機に、pteTeXから最新のBasicTeX(TeXLive/MacTeXのサブセット)に内蔵TeXシステムを変更し、またエディタの機能を若干強化するなどの、抜本的なアップデートを行った。

【20151009版での変更点】
初回起動時に「“UpTeX”は壊れているため開けません。“ゴミ箱”に入れる必要があります。」というメッセージが出る問題を修正。それにともない、Resources直下にあったtexliveとtexbinをResources/TEX/に移動した。初回起動時だけの問題なので、インストール済で動いている以前の版からアップデートする必要は、まったくない。
【追記】
すでに前の版があった場所に、この修正版をインストールしなおすと「壊れているため…」のメッセージが出ることがある模様。その場合は、いったん新しいフォルダをどこかに作って、そこにUpTeX.appをコピーしてから起動・終了し、UpTeX.appをもとの場所に移動すると回避できる。
Download(約360MB)

●Drag & Drop UpTeX 差分ファイル

Drag & Drop UpTeX 20150910/20151002版を、20151005版と同等のものにアップデートするための差分ファイル。アプリケーションバンドル内の“tlmgr.scpt”を、同梱のものと差し替えたうえで「TeXコンポーネントのアップデート」を実行されたい。なお、Xcodeのインストールを求められるといっても、実際にはtlgmrでの処理は進んでおり、求めを無視して「今はしない」をクリックしてしまえばよい。また、もともとXcodeがインストールされている環境には不要の修正である。

Download(約1.2MB)

●Drag & Drop UpTeX ReadMeファイル

Drag & Drop UpTeX パッケージに同梱のReadMe.pdfを抜き出したもの。UpTeX パッケージはサイズを抑えてあるとはいえ大容量なので、ダウンロードの前に、導入の是非を検討する材料として単独で提供することとした。

Download(約900KB)

●Xtexshop for Drag & Drop UpTeX

旧Drag & Drop UpTeX に含まれていたTeXShop用のタイプセット・スクリプト“Xtexshop”と、そのバックグラウンドで動く“nkf”のセット。新パッケージでは設定方法の混乱を避け、またtexbinディレクトリを標準状態に保つため、廃止した。が、必要という人もいるかもしれないので、別ファイルとして提供することとした。アプリケーションバンドル内の“Contents/Resources/TEX/texbin”(20151005版までは“Contents/Resources/texbin”)にコピーし、TeXShopの「環境設定」の「内部設定」タブの“TeX+dvipdfmx/TeX=dvips+distiller”欄の“LaTeX”欄に“Xtexshop”を入力・指定して使う。アプリケーションバンドル内を改変するのを避けたい場合は、少なくともnkfの方はパスの通ったディレクトリにコピーし、TeXShopの環境設定ではフルパス(~/ではじまる書式でも可)でXtexshopの場所を指定しておく。platex/uplatexと文字コードとを自動判別してくれるので便利な場合がある反面、その判定はシンプルなアルゴリズムに拠っているので100%ではない。なお2015年10月9日に、空白を含むファイル名でも処理できるように修正した。

Download(約200KB)


★pTeX関連汎用ファイル

●平成明朝補助漢字-W3 Type1 フォント

TeX等で利用可能なType1 フォント。DVIファイルをdvips・dvipdfmx等でPDFファイルに変換した場合には、Type1 フォントを埋め込むことが可能。OTFパッケージのある今となっては不要だが、TeXでのJIS第一・第二水準外漢字利用の試みの歴史遺産として残してある。

Download(5.9MB)

●平成明朝補助漢字-W3 Type1 フォント・リスト

上記フォントをtestfont.texにより出力した一覧表を、PDFに変換したもの。

Download(6.6MB)

●endnotesj.sty

和文論文用後注作成マクロ、“endnotesj.sty”とそのサンプル・ファイルの汎用アーカイヴ(v2)。

Download(400KB)

●日本史学術論文風クラス集

『日本史研究』、『史学雑誌』、吉川弘文館の書籍風論文組版を行うためのクラスファイル集。あくまで「雰囲気」程度のものであり実用品ではないが、pTeXによる縦組学術誌組版の可能性について考えるうえでのサンプルにはなるだろう。

Download(600KB)


●Links
TeX Wiki
TeX利用について日本語での情報・説明を得ようとする際、まず参照されるべきWiki。
Mac Wiki
Mac OS X上の学術系ツール・オープンソースソフトウェアに関する情報の蒐集・共有を目的とするWiki。pTeX, TeXShopなどについての情報も多く蓄積されている。
TeXShop
Richard Koch、Dirk Olmes両氏による、teTeX・pTeX等のフロントエンドとして機能するTeX文書執筆・作成統合環境。銭谷誠司氏による日本語化等や宍倉光広氏によるマクロ機能の実装等によって、日本語環境への対応も充実している。
mi
上山大輔氏による、OSXでのTeXソース記述に好適なfreeのエディタ“mi”の配布サイト。
TeX Tools for mi
栗田哲郎氏による、pTeXと“mi”とを連動させ、統合環境を構築するためのツールの配布サイト。

●What's NEW
2015年10月9日
Drag & Drop UpTeX for El Capitan/Yosemiteを更新。またXtexshopを更新。
2015年10月5日
Drag & Drop UpTeX for El Capitan/Yosemiteを更新。また20150910版/20151002版用の差分ファイルも用意した。
2015年10月2日
Drag & Drop UpTeX for El Capitan/Yosemiteを更新。
2015年9月10日
Drag & Drop UpTeX for El Capitan/Yosemiteの配布を開始。それとともに旧配布物を整理した。



過去の更新履歴

運営者の略歴等

herogw@kumagaku.ac.jp